4EyesBBのウェブログ

4EyesBBが気になった細かすぎるゲーム情報共有サイト

情報

【情報】ロックマンX7「ストーリーとキャラクター」

更新日:

ストーリー

21XX年

人類が安全な地下都市で暮らす間、荒廃した地上を復興する「レプリロイド」たちの作業が順調に進んでいた。

しかし一方、「イレギュラー」と呼ばれる犯罪レプリロイドも激増しつつあった。

高性能レプリロイド・エックスは、イレギュラーを取り締まる公式組織「イレギュラーハンター」の精鋭部隊隊長として活躍してきたが、力で相手を押さえつけることに疑問を感じ、平和的解決の道を求めて第一線を退いてしまう。

彼が抜けて弱体化したイレギュラーハンターに代わり、非合法にイレギュラーを倒す自警集団「レッドアラート」が活動を始めた。

ある日、事件現場に急行したイレギュラーハンター・ゼロは、大型メカニロイドに追われている少年レプリロイド、アクセルと出会う。

彼は、イレギュラーハンターになるためにレッドアラートを脱走してきたと言うが、多くを語ろうとはしなかった。

そこへ、レッドアラートのリーダー、レッドが現れ、アクセルを引き渡すよう要求する。

しかし、本人の意思を無視して自由を奪うことは、ゼロには絶対に許されない。

こうして、一人のレプリロイドを巡り、「正義」の意味を巡って、イレギュラーハンター対レッドアラートの戦いが始まった!

キャラクター

エックス

主人公。

もと「イレギュラーハンター」第17精鋭部隊隊長。

めざましい活躍を続けてきたが、力で相手を押さえつけることに疑問を感じ、平和的な解決を求めて第一線を退いた。

ゼロ

特A級の凄腕ハンター。

もと第0特殊部隊隊長。

エックスとともに幾多の事件を解決してきた。

エックスの復活を信じ、一人でハンターを続けている。

アクセル

過去のデータが一切ない正体不明のレプリロイド。

相手の外見も性能もコピーする特殊能力を持っている。

自警集団レッドアラートを脱走しイレギュラーハンターに加わったが、そのため両組織の衝突を招いてしまう。

シグナス

イレギュラーハンター総指揮官。

エックス、ゼロ達とともに多くの事件を解決してきたためか、いっそう貫禄が増した。

しかし近年の事件で多くのイレギュラーハンターを失い、弱体化した組織で激増する犯罪に対処するため、いつも頭を悩ませている。

エイリア

ナビゲーター・レプリロイド。

ずば抜けた情報処理能力を持っており、ハンターベースから的確な指示で任務をバックアップしてくれる、ハンター達には無くてはならない存在。

レッド

レッドアラートのリーダー。

ならず者のバウンティ・ハンターを率いて、自らイレギュラーを処分していく。

【レッドアラートとは...?】

独自にイレギュラーを倒す謎の自警集団。

非合法組織だが、イレギュラーハンターが弱体化している今、一般のレプリロイドには一目置かれている。

フレイム・ハイエナード

コンビナートを乗っ取り、イレギュラーハンターを待ち伏せる。

巨大なガゼル型メカニロイドを操るほか、自らも3体に分身して敵を撹乱する。

バニシング・ガンガルン

地下トンネル内の兵器基地を根城にするバウンティ・ハンター。

まだ子供だが、強力なカンガルー型ライドアーマーを乗りこなすため、仲間にも一目置かれている。

ヘルライド・イノブスキー

夜のハイウェイを疾駆する暴走ハンター。

シールドでガードしながらの強烈な体当たりと、地を這うホイール爆弾でイレギュラーハンターたちを苦しめる。

トルネード・デボニオン

ラジオタワーを乗っ取り、その頂上でイレギュラーハンターたちを待つ。

電気を帯びた竜巻を操り、敵の自由を奪うことができる。

スプラッシュ・ウオフライ

放棄された大型戦艦に居座って、大海を暴れ回る。

得意のナギナタを振るって、間合いに入ったものは何でも両断してしまう。

スナイプ・アリクイック

自ら作り出した電子迷宮で、イレギュラーハンターたちを迷わせる。

長い舌で相手を捕獲し、自らの武器をパワーアップさせる不思議な能力を持つ。

ソルジャー・ストンコング

深いジャングルの奥に身を隠し、歴戦の勇者として正々堂々イレギュラーハンターたちを迎え撃つ!

超磁石で作られた剣と盾を装備し、すべての攻撃を跳ね返す。

ウィンド・カラスティング

巨大空中戦艦を拠点にする飛行レプリロイド。

かつてはアクセルの良きライバルだった。

自由に空中を飛び、素早い体当たりとブーメランで攻撃する。

-情報

Copyright© 4EyesBBのウェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.